May 22, 2022 19:43 Asia/Tokyo
  • 自民党の安倍晋三元首相
    自民党の安倍晋三元首相

自民党の安倍晋三元首相が、「日本には継戦能力がない、防衛費の増額が必要」との見解を示しました。

時事通信によりますと、安倍氏は20日金曜、インターネット番組に出演した中で自衛隊の状況について言及し、「機関銃の弾からミサイル防衛の(迎撃ミサイル)『SM3』に至るまで、十分とは言えない。継戦能力がない」と発言しました。

また、弾薬の備蓄が不十分だとして、防衛費増の必要性を強調するとともに、防衛費のGDP国内総生産比2%への引き上げに否定的な意見に対しては「(必要な防衛費を)積み上げなければいけないという議論は小役人的発想だ」と批判しています。

また、岸田文雄首相には23日月曜の日米首脳会談で中国の脅威を訴え、防衛力強化の意向を表明すべきだと呼び掛けました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ