May 26, 2022 17:23 Asia/Tokyo
  • 鳩山由紀夫元首相
    鳩山由紀夫元首相

鳩山由紀夫元首相はツイッターで、岸田首相は日米首脳会談で米国の力でウクライナ戦争を停戦させるよう言うべきだったとの考えを示しました。

鳩山氏は25日水曜、自身のツイッターに、「日米首脳会談で岸田首相に言ってもらいたかったのは、戦争をアメリカの力で停戦させてほしいということだったが、言わなかった」と記し、日米首脳会談での岸田首相の対応に不満を表明しました。

その上で、「米国がウクライナに武器を提供しなければ停戦になるのに、バイデンはウクライナ人が1人になろうとも戦うと言ってる。ウクライナのためではないのだ。軍産複合体のためだ」とし、アメリカによるウクライナ戦争への関与を批判しました。

23日に行われた日米首脳会談後に発表された共同声明では、ロシアによるウクライナ攻撃について「国際秩序に対する最大の脅威で、残虐で不当な侵略だ」と非難し、今後ロシアに対してさらなる制裁を科す方針を示しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ