May 26, 2022 17:30 Asia/Tokyo
  • 日米の戦闘機8機が共同訓練
    日米の戦闘機8機が共同訓練

防衛省は26日木曜、前日に行われた航空自衛隊と米軍の戦闘機8機による日本海上空での共同飛行訓練の写真を公開しました。

防衛省によると、訓練に参加したのは、空自側からは北海道・千歳基地のF15戦闘機4機、米軍側からは青森県・三沢基地のF16戦闘機4機の合わせて8機です。

8機は25日水曜午後、日本海上空で共同飛行訓練を行いました。

産経新聞によりますと、防衛省統合幕僚本部は、今回の共同訓練の狙いについて、「自衛隊と米軍の即応態勢を強化し、日米同盟のさらなる強化を図った」としています。

訓練が行われた25日には北朝鮮による弾道ミサイルの発射があり、前日24日も中国軍とロシア軍の爆撃機6機が日本海周辺を飛行しており、今回の日米の共同訓練はそれらへの対抗措置をみられます。

北朝鮮は、キム総書記とトランプ前米大統領との核・ミサイル軍縮交渉が決裂した後、より精力的なミサイル実験を再開しました。

有識者らは、合同軍事演習を含めた地域でのアメリカの挑発行為が、軍国主義の増大や地域の情勢不安を助長している、と見ています。

一方、北朝鮮は自らの核兵器開発の決定的な理由として、アメリカの挑発行為や地域における米軍の駐留を挙げています。

昨今の北朝鮮の動向から、北朝鮮が核実験を実施するのではないかとの懸念が高まっています。

アメリカを初めとする西側諸国、および北朝鮮の近隣国である日本と韓国は常に、北朝鮮による弾道ミサイル・核実験を懸念しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ