6月 21, 2022 14:40 Asia/Tokyo
  • 東シナ海のガス田施設
    東シナ海のガス田施設

中国による東シナ海の日中中間線の西側での新たなガス田掘削施設の完成が確認されたことを受け、日本が中国側に抗議しました。

日本の報道各社が、同国外務省の発表として21日火曜、報じたところによりますと、東シナ海の日中中間線の西側で、海上自衛隊がガス田の掘削機材などの設置を確認し、分析した結果、海洋プラットフォームの設置が完了したことが確認されたということです。

日本外務省は、「東シナ海では、日中の排他的経済水域や大陸棚の境界が確定しない中、中国側が中間線の西の中国側海域で一方的にガス田の開発を進めている」と主張しています。

今回の施設の完成を受け、外務省の船越健裕アジア大洋州局長は20日月曜、在日中国大使館の楊宇次席公使に抗議を申し入れ「日本側からの度重なる抗議にもかかわらず、一方的な開発を進めていることは極めて遺憾だ」と伝えました。

また船越氏は、東シナ海ガス田開発に関する日中交渉についても、速やかに再開するよう求めています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ