7月 28, 2022 19:07 Asia/Tokyo

イラク国会に、抗議者らが乱入しました。

イラクは昨年10月に議会選挙が開催されて以来、政局が行き詰まりに陥っており、政界では政府発足に向けた合意ができなくなっています。

イラク首都バグダッド市内の警戒態勢の厳しいグリーンゾーンで27日水曜、イスラム教シーア派指導者ムクタダ・サドル師を支持するデモ隊数十人が首相候補擁立に抗議し、国会に乱入するという事態が発生しました。

しかし、これらの抗議者らはサドル師の要請により、国会内やグリーンゾーンから退去しています。

グリーンゾーンの情勢および、国会内への抗議者の襲撃への反応として、イラク・シーア派調整組織は声明を発表し、国内での暴動や陰謀に警戒し、対抗する用意を整える必要性を強調しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ