7月 30, 2022 20:45 Asia/Tokyo

イラクの政治指導者ムクタダー・サドル師の支持者らが首都バグダッド中心部に集まり、新しい首相と大統領の選出を目指す議会の会合を開催しないよう求めました。

イラクは、昨年10月の議会選挙で各政治勢力が政府樹立に関して合意に至たらなかったため、政治的行き詰まりに陥っています。

サドル師とその支持派議員らは先月、政治的なこう着状態が続いていることに抗議して辞任しました。

今月27日には、サドル師支持派数百人が、イラク次期首相候補としてムハンマド・スダニ氏指名されたことに抗議し、議会に突入しました。

カタール国際通信・アルジャジーラによりますと、30日土曜朝、多数のサドル師支持派がバグダッド中心部のタハリール広場に集まり、ヒクマト派代表のハキム師によるサドル派の各集会についての発言に抗議し、ヒクマト派の事務所などを封鎖しました。

イラクの情報筋はアルジャジーラの取材に対し、次期首相・大統領を選ぶ議会の会合は、きょう30日は開催されず、今後の開催予定も明らかではないとしています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ