9月 22, 2022 20:11 Asia/Tokyo
  • イスラエル軍
    イスラエル軍

パレスチナ・ヨルダン川西岸ジェニンで、シオニスト政権イスラエル軍の銃撃により、パレスチナ人の子ども2名が負傷しました。

パレスチナ情報センターによりますと、イスラエル占領軍はジェニン西部の集落を攻撃し、パレスチナ人の子ども2名を銃撃し、負傷させました。

イスラエル軍はさらに、ヨルダン川西岸各地や聖地ベイトルモガッダス・エルサレムを攻撃した後、パレスチナ人数十人の身柄を拘束しています。

シオニストは自らの拡張主義的な目的達成のため、日々パレスチナ各地を攻撃し、根拠のない主張でパレスチナ人を逮捕・拘束し、負傷させ、あるいは殉教に追い込んでいます。

グテーレス国連事務総長は最近、報告の中で「2021年にはパレスチナ人の子ども78人がイスラエル軍により殉教したほか、982人が身体障害を負った」と語りました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     Youtube     urmediem


 

タグ