7月 03, 2016 16:37 Asia/Tokyo
  • トルコの大統領が、ISISとイスラムの関係を否定

トルコのエルドアン大統領が、テロ組織ISISとイスラムの関係を否定しました。

トルコのアナトリア通信によりますと、エルドアン大統領は、ISISはイスラムやイスラム教徒と全く関係がないとし、「このテロ組織の活動は、イスラムの戒律に反する」と語りました。

エルドアン大統領はまた、ISISは偽って、イスラムに従う組織と自称していることに触れ、「このやり方は、単にプロパガンダに過ぎない」と述べました。

さらに、「コーランの教えによれば、もし、一人の人間が殺害されれば、人類全体が殺害されたことに等しい」としました。

エルドアン大統領は、1日金曜夜、「イスタンブール空港での最近のテロはISISによるものだと見られる」と発表しました。

先週火曜、イスタンブールのアタチュルク国際空港で、自爆テロが発生し、これにより、およそ50人が死亡し、他多数が負傷しました。

タグ