2016年09月10日18時10分
  • ロシアとアメリカがシリア停戦で合意

ロシア外相とアメリカ国務長官が、シリアにおける停戦の確立に関して、合意したことを明らかにしました。

アメリカのケリー国務長官は、新たな合意により、12日月曜のイスラム教徒の犠牲祭からシリア全土で停戦が発効するとしました。

この合意は、空爆など全ての攻撃の停止と、シリア北部アレッポなどの必要な地域への人道支援の提供を含んでいます。

ケリー長官によりますと、もしこの停戦が1週間続くことになれば、アメリカはテロ組織ISISやヌスラ戦線を標的とした、ロシア軍との協力を開始することになります。

一方のロシアのラブロフ外務大臣は、アメリカとロシアの協力における不信感と、シリアをめぐる両国の話し合いは続いており、新たな合意の実施に関して、保証することができないと強調しました。

ラブロフ外相はまた、ロシアは新たな合意の詳細をシリア政府に通達しており、シリア政府は停戦の準備ができているとしました。

国連のデミストゥラ・シリア特使も、シリアの停戦にむけたアメリカとロシアの合意を歓迎しました。

 

タグ

コメント