May 04, 2017 20:36 Asia/Tokyo
  • シオニスト政権が、パレスチナ人のハンスト実行者の要求を受諾

シオニスト政権イスラエルが、ハンストを行ったパレスチナ人捕虜の弁護士との面会要求を受け入れました。

アルアーラム・チャンネルによりますと、パレスチナ人収監者によるハンストは4日木曜、18日目に突入した中、ついにシオニスト政権は彼らの要求の1つを受諾し、収監者と弁護士との面会を許可したということです。

パレスチナ人収監者によるハンストは、シオニスト政権の刑務所内での人道に反する状況への抗議運動として、先月17日から始まっており、パレスチナ人団体や抵抗グループの大々的な支持を集めていました。

パレスチナイスラム抵抗運動ハマスは、シオニスト政権に対し、パレスチナ人の要求に応えるため24時間の猶予を与えていました。

タグ