May 27, 2017 18:07 Asia/Tokyo
  • イスラエル軍の無人機攻撃でシリア軍兵士3名が死亡

シオニスト政権イスラエル軍の無人機の攻撃により、シリア軍兵士3人がシリア南部クネイトラ州で死亡しました。

シリアの情報筋によりますと、27日土曜未明、シオニスト政権の無人機は、クネイトラ州でシリア軍の一団を攻撃し、これにより3名が死亡しました。

この攻撃は、ゴラン高原上空から行われ、シリア軍がテロリストの占領地に進攻していた中で行われました。

この攻撃の被害に関する詳細な情報は、今のところ伝えられていません。

シオニスト政権は4月27日にも、ダマスカスの国際空港の南西にあるシリア軍の拠点のひとつをミサイルで攻撃しました。

シリア危機は、サウジアラビア、イスラエル、アメリカとその同盟国の支援を受けたテロリストが、合法的なアサド政権を転覆するために仕掛けた大規模な攻撃により、2011年から始まりました。

タグ