2017年06月03日19時45分

サウジアラビア軍が、シーア派教徒が住む同国東部への攻撃を継続しています。

アルアーラムチャンネルによりますと、サウジアラビア軍は先月10日から同国東部州のシーア派教徒の住むアワミーヤ地区を攻撃しています。

サウジ軍は、アワミーヤ地区にある2つのモスクを攻撃し、放火しました。

サウジアラビアの内務省は、声明の中で、東部州カティーフの町の中心で発生した自動車の爆発に対する責任を認めました。

メディアの報道によりますと、この爆発により、この車に乗っていた若者2人が死亡しました。

 

 

タグ

コメント