7月 01, 2017 19:51 Asia/Tokyo
  • シリア外務省、アメリカの化学兵器攻撃に関する主張に反論

シリア外務省が、アメリカはハン・シェイフーンでシリア軍が化学兵器を使用したという主張の裏づけに失敗したとしました。

4月4日のシリア北西部のハン・シェイフーンでの化学兵器攻撃に関する調査が開始される前に、アメリカは4月7日にシリアの空軍基地を攻撃しました。

ロシアのスプートニク通信によりますと、シリア外務省は、アメリカはこの数日、シリアに対するプロパガンダ活動を開始しており、シリア政府は市民を化学兵器で攻撃しようとしたと主張したが、この主張は根拠がなく、非現実的だとしました。

また、この主張によるアメリカの目的は、シリアに対する新たな軍事攻撃の正当化だと強調しました。

シリア外務省は、アメリカの脅迫は、アメリカや地域の同盟者が支援するテロリストに対する、シリアとその同盟国の大きな勝利を受けて行われているとしました。

タグ