7月 14, 2017 16:07 Asia/Tokyo
  • フランス大統領、「シリア大統領の退陣にこだわらない」

フランスのマクロン大統領が、「フランスはシリアのアサド大統領の退陣にこだわらない」と語りました。

イルナー通信によりますと、フランスのマクロン大統領は13日木曜、アメリカのトランプ大統領との共同記者会見で、トランプ大統領とのいくつかの対立に触れ、フランスはシリアに対して、テロの根絶と恒久的な政治的解決を主な目標とする、新たなアプローチをとっているとしました。

また、フランスはシリアに関する協議において、アサド政権の代表と、反体制派の代表の参加を求めていると強調しました。

フランスの独立記念日の式典に参加するため、パリを訪れたトランプ大統領も、シリア南西部における停戦の確立に向けた努力に触れ、「この5日間、シリアの多くの地域で、停戦が成立している」と語りました。

タグ