7月 15, 2017 18:21 Asia/Tokyo
  • アクサー・モスク
    アクサー・モスク

シオニスト政権イスラエル軍が、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムのアクサーモスクの南側で、パレスチナ人の若者と衝突しました。

IRIB通信によりますと、15日土曜未明にアクサーモスクの南側で発生した、パレスチナ人の若者とシオニスト政権軍の衝突で、シオニスト政権軍の兵士2名が負傷しました。

14日金曜に行われたシオニスト政権軍の作戦では、アクサーモスクがシオニスト政権軍によって封鎖され、礼拝を行う人たちが締め出されました。

パレスチナのグループと一部のイスラム諸国は、アクサーモスクでの金曜礼拝の実施を制限したイスラエルを非難しています。

2015年10月の対イスラエル抵抗運動・インティファーダの開始からこれまで、シオニスト政権軍により、パレスチナ人330人以上が殉教し、2400人以上が負傷しています。

タグ