1月 15, 2018 22:55 Asia/Tokyo
  • ISIS
    ISIS

アメリカの月刊誌アトランティックが、「2年間にわたる調査の結果、テロ組織ISISの幹部にアメリカ人1名がいた事が判明した」としました。

アトランティック誌は、「ISISの上級幹部に、アメリカ人の司令官Zulfi Hoxhaという人物が存在し、彼はSNSを通じてデイビッド・ライトといったISISのほかのメンバーと連絡をとっていた」と報じました。

デイビッド・ライトは昨年12月、ISISとの共謀罪で、禁固28年の刑を言い渡されています。

アトランティックはまた、「ライトとHoxhaは、チャットサービスのパルトークでの、人類にとっての解決法、そして天国への道と証するグループのメンバーであり、互いに議論や意見交換を行っていた」としました。

さらに、「ISISの司令官に昇進できたアメリカ人は、通信、メンバーの勧誘への影響力、テロ計画の技術を利用して、組織内で効果的な役割を果たしている」としています。

アトランティックはまた、「イラクとシリアでのISISの本拠地が破壊されたことで、特にアメリカ人をはじめとするこの組織のメンバーは、トルコに潜伏し、時間を待ってISISの将来について決定し、計画しようとしていた」と報じました。

タグ

コメント