2018年04月11日19時41分
  • シオニスト政権イスラエルの戦闘機
    シオニスト政権イスラエルの戦闘機

シオニスト政権イスラエルの戦闘機が、再び、ガザ地区東部にある、パレスチナ・イスラム抵抗運動ハマスの拠点を攻撃しました。

アルマヤーディンテレビによりますと、現地筋は、シオニスト政権の戦闘機が、ガザ東部の農地や検問所数箇所を空爆したことを明らかにしました。

シオニスト政権は、この攻撃は、ガザの境界線近くで、イスラエルのブルドーザーが手製の爆弾による攻撃を受けたことへの報復だと主張しました。

また、パレスチナ抵抗グループの戦士は、10日火曜夜、シオニスト政権の犯罪の継続を受け、ヨルダン川西岸北部のシオニスト入植地を銃撃し、ただちに現場を離れました。

タグ

コメント