7月 25, 2018 17:35 Asia/Tokyo
  • イスラエル議会
    イスラエル議会

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが、シオニスト政権イスラエル議会での『ユダヤ国家案』の可決を非難しました。

トルコのアナトリア通信によりますと、シオニスト政権の議会は、先週19日木曜、世界規模で大きく広がる抗議の中で、人種差別的な法である『ユダヤ国家法』を可決しました。

この法により、パレスチナの土地は、ユダヤ人の民族的郷土とみなされ、この地のパレスチナ人のイスラム教徒やキリスト教徒は正式にあらゆる市民権を奪われています。

ユダヤ国家法は、イスラム諸国を含む世界各国、国連、ロシアの大規模な反発に直面しています。

アムネスティ・インターナショナルのある報道官は、ツイッター上で、「この法の可決により、シオニスト政権は、ユダヤ人以外の人々に対する差別を合法化し、パレスチナ人は正式に二流の市民とされている」としています。

 

 

タグ

コメント