8月 28, 2018 18:19 Asia/Tokyo
  • UAE・ドバイ空港
    UAE・ドバイ空港

イエメンの政府軍と義勇軍が、無人機によりアラブ首長国連邦のドバイ空港を攻撃したことを明らかにしました。

 イエメン軍のシャラフ・ルクマン報道官は27日月曜、この攻撃後、アラブ首長国連邦全域が、イエメン軍の射程圏内にあることを明らかにしました。

イエメン軍は、今年6月にも、サウジアラビアのアラムコ社が所有する製油所を無人機攻撃しており、サウジ側の話によれば、この製油所で火災が起こったということです。

イエメン空軍は、先月26日にも国産の無人機により、アブダビの空港を攻撃しました。

また、別の報道によりますと、サウジアラビア軍の戦闘機が28日火曜未明、10回にわたってイエメンの首都サヌアを爆撃したということです。

サウジアラビアは、アラブ首長国連邦やアメリカ、そのほかの複数の国の支援を受け、2015年3月からイエメンを攻撃し、全面的に封鎖しています。

この攻撃で、イエメンではこれまでに1万4000人以上が死亡したほか、数万人が負傷、数百万人が住む家を失っています。

タグ