2018年09月05日20時27分
  • サウジアラビア主導のアラブ連合軍によるイエメン北部サアダ州で生徒を乗せたバスへの攻撃
    サウジアラビア主導のアラブ連合軍によるイエメン北部サアダ州で生徒を乗せたバスへの攻撃

サウジアラビア主導のアラブ連合軍が、イエメン人就学児童を乗せたバスを誤爆した、と発表したと同時に、国際人権団体ヒューマンライツウォッチが、この事件を歴然とした戦争犯罪だとしました。

アラブ連合軍の戦闘機が先月9日、イエメン北部サアダ州で就学児童を乗せたバスを攻撃し、これにより55人が死亡、77人が負傷しました。

多くの国際機関や人権機関は、この犯罪を非難しています。

以下の映像は、サウジアラビア軍による実際の犯罪の様子を撮影したクリップ映像です。

一部、生々しい箇所があります点ご了承下さい。

 

ラジオ日本語のフェイスブックのページもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

タグ

コメント