9月 18, 2018 17:54 Asia/Tokyo
  • フダイダにおけるの攻撃
    フダイダにおけるの攻撃

サウジアラビアが主導するアラブ連合軍が、イエメン西部フダイダへの攻撃の新たな攻撃を開始した、としました。

IRIB通信によりますと、アラブ連合軍の司令官は17日月曜、イエメン西部沿岸において「この連合軍は、港湾都市フダイダを占領するため、この港に対する複数の方向からの新たな軍事作戦を開始している」と述べました。

こうした中、サウジアラビア軍の戦闘機は17日夜、数回に渡り、フダイダ各地を爆撃しました。

サウジアラビアとアラブ首長国連邦は、今年の6月13日からフダイダ港の占領作戦を開始していますが、これは現在まで成功していません。

フダイダ港は、イエメンに人道支援物資を送る主要なルートの一つです。

サウジアラビアとその同盟国によるイエメンへの攻撃で、これまでに1万4000人以上が死亡、数万人以上が負傷し、数百万人が住む家を失っています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

タグ