2018年12月27日20時43分
  • イスラエルが、被占領地パレスチナで1000軒以上の住宅を新設
    イスラエルが、被占領地パレスチナで1000軒以上の住宅を新設

シオニスト政権イスラエルの内閣が、パレスチナ・ヨルダン川西岸における新たな住宅1289軒の新設に関する23の計画を承認しました。

シオニスト政権の新聞、タイムズ・オブ・イスラエルによりますと、シオニスト政権の内閣はさらに今週中、シオニスト向けの住宅1775軒の建設計画を可決、承認する予定です。

シオニスト政権は今月24日にも、ヨルダン川西岸における750軒の住宅の建設計画を可決しました。

シオニスト政権は、アメリカの支援を得て、被占領地パレスチナでの入植地を拡大しています。

国連安保理は2016年12月に、被占領地での入植地の建設は違法だとし、建設停止を求める決議案を採択しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

 

タグ

コメント