1月 05, 2019 20:40 Asia/Tokyo
  • サウジのサルマン国王とムハンマド皇太子
    サウジのサルマン国王とムハンマド皇太子

イギリスの新聞ガーディアンが、「世界最大の人権侵害国はサウジアラビアである」と報じました。

ガーディアン紙は、「サウジアラビアは民権の自由や女性の権利侵害という点で、世界最大の黒い経歴を有している」としています。

また、「イエメンでの罪なき人々の虐殺、そしてサウジアラビアの反体制派記者ジャマル・カショギ氏殺害の責任者は、同国ののムハンマド皇太子である」と報じました。

この報道によりますと、ムハンマド皇太子は自己陶酔の危険人物とされています。

ガーディアン紙はまた、「皇太子に反対すれば刑務所行きや殴打暴行、拷問や殺害が待ち受けている。サウジアラビアとはそういう国だ」としています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント