2019年01月09日19時10分
  • シオニスト政権の入植地建設の継続
    シオニスト政権の入植地建設の継続

シオニスト政権イスラエルの議会であるクネセトの安全保障委員長が、パレスチナ・ヨルダン川西岸地区と聖地ベイトルモガッダス・エルサレムでの入植地建設の継続を明らかにしました。

パレスチナ情報センターによりますと、シオニスト政権イスラエルの議会・クネセトのAvi Dichter安全保障委員長は8日火曜、シオニスト政権による占領地域での入植地建設の中止は、「パレスチナ人の状況をたいして利するものではない」と語りました。

同時に、イスラエルのラジオ・テレビ放送もまた、ヨルダン川西岸ベツレヘム近郊での入植地建設は続行されると報じています。

シオニスト政権の住宅建設評議会の発表によれば、ヨルダン川西岸での2018年における入植地建設は、その前の年に比べ3%増加しています。

国連安全保障理事会は2016年12月23日に、シオニスト入植地の拡大に反対する決議2334を承認しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント