2019年06月20日16時47分
  • ムハンマド皇太子
    ムハンマド皇太子

国連特別報告者のアグネス・カラマード氏が、「サウジアラビアのムハンマド皇太子と同国の政府高官らは、同国の反体制派ジャーナリストであるジャマール・カショギ氏の殺害に関与していた」と語りました。

ジャマール・カショギ氏は昨年10月2日、トルコ・イスタンブールにあるサウジアラビア総領事館内で、サウジアラビアから派遣された要員らにより惨殺されました。

フランス通信によりますと、国連の独立専門家として、司法手段を経ていない処刑の問題に取り組んでいるカラマード特別報告者は19日水曜、国連のグテーレス事務総長に対し、カショギ氏殺害へのムハンマド皇太子の関与に関する、国際的な調査命令を出すよう求めました。

トルコのチャブシオール外相は、カラマード氏の提案を歓迎しています。

カラマード特別報告者はまた、アメリカ政府に対しこの殺害に関するFBI米連邦捜査局による本格的な捜査の開始を求めました。

加えて、「サウジアラビア政権は、イスタンブールのサウジ総領事館における外交特権の乱用に関して、トルコ政府に謝罪すべきだ」と述べています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント