2019年07月03日20時14分
  • サウジアラビア軍
    サウジアラビア軍

サウジアラビア軍が、同国東部のシーア派住民の町カティーフに侵攻しました。

アルアーラムチャンネルによりますと、地元の情報筋は、サウジアラビア軍が2日火曜夜、同国東部州にあるカティーフへの到着と同時に銃撃を行ったとしました。

地元情報筋によると、サウジアラビア軍はカティーフ周辺を装甲車両で包囲していたということです。

サウジアラビアの東部州は、常にサウジアラビア軍による攻撃を受けています。 これまでに、同州内で数十人の住民が殺害され、数百人の市民、市民活動家、政治活動家が逮捕されています。

サウジアラビアの人口の約10~15%はシーア派教徒で主に東部州に居住しています。

サウジアラビア政府は、テロリズムなど虚偽の犯罪容疑でシーア派、政治囚、部族の独裁制に反対する人たちを一貫して処刑してきました。

国際機関および人権団体は、これまで繰り返しサウジアラビアでの表現の自由への弾圧、抗議者や人権活動家の処刑と投獄について批判しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント