2019年08月25日20時28分
  • シリア政府軍
    シリア政府軍

テロリストの支配から解放された、ハーンシェイフンなどシリア・ハマー北部各地の掃討作戦と同時に、この地域および、まだテロリストの占領下にある同国北西部イドリブ南部への物資・設備の移送プロセスが再開されました。

アラビア語の新聞アル・ワタンによりますと、シリア政府軍に近い軍事筋は、政府軍の次の作戦について説明し、「政府軍は、ハーンシェイフン北東8キロの地点にある町の掃討作戦に向けた完全な用意ができている」としています。

この軍事筋は、この作戦の開始時期に関する詳細には触れず、「この掃討作戦の計画が出来上がっており、政府軍は作戦開始の指令を待っている」としました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント