2019年09月22日17時48分
  • イエメンのシーア派組織アンサーロッラーの事務局長
    イエメンのシーア派組織アンサーロッラーの事務局長

イエメンのシーア派組織アンサーロッラーの事務局長が、「サウジアラビア主導のアラブ連合軍がイエメンへの爆撃を継続すれば、サウジに対する無人機攻撃も続行される」と語りました。

イルナー通信によりますと、アンサーロッラーのバドレッディン・アルフーシ事務局長は21日土曜夜、演説の中で、「爆撃や封鎖、侵略が継続される場合には、サウジアラビア本土に対しさらに致命的、壊滅的な打撃が加えられることとなり、これに関するレッドラインは存在しない」と述べています。

同時に、「イエメンへの爆撃や侵略、封鎖を停止すれば、イエメン軍も、サウジ本土に対する無人機やミサイルによる攻撃をやめるだろう」としました。

イエメンの軍事筋は21日、「サウジアラビアの軍事基地に対するイエメンの攻撃は停止されたにもかかわらず、サウジはイエメンに対する攻撃をや停止していない」としています。

20日金曜、イエメン政治高等評議会は、「サウジアラビアに対するミサイル・無人機による攻撃を条件付で停止し、この措置に対しサウジ主導連合軍側から前向きな行動がとられるよう希望する」と表明しました。

国連のグリフィス・イエメン担当特使は21日土曜、「アンサーロッラーはアラブ連合軍へのミサイル・無人機攻撃の停止を歓迎するとともに、相手方にもこのやり方を踏襲するよう期待すると表明した」と語りました。

イエメン軍は今月14日、同国に対するサウジアラビア主導アラブ連合軍の犯罪への報復として、サウジアラビア国営石油会社所属の石油施設2箇所を攻撃しました。

この攻撃の結果、サウジアラビアの石油生産が50%減少し、同国の石油輸出にも一時的に混乱が生じるとともに、世界市場では原油が値上がりし、サウジアラビアの株価指数が2%以上の下落を示しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント