2019年09月22日21時04分
  • サウジ軍によるイエメンへの空爆
    サウジ軍によるイエメンへの空爆

サウジアラビアが主導するアラブ連合軍が、イエメン各地を砲撃、空爆しました。

レバノンのアルマシーラテレビが22日日曜、報じたところによりますと、サウジアラビア軍の戦闘機はサヌア州、サアダ州、マーリブ州、フダイダ州、ハッジャ州などイエメン各地を爆撃しました。

イエメンの政治高等評議会は最近、停戦を宣言し、サウジ主導のアラブ連合軍に戦争停止を呼びかけ、「サウジアラビアは、今回の停戦という機会を活用すべきだ」と強調しました。

こうした中、イエメンの政治高等評議会のマフディ・アルマシャト議長は、「もし、サウジアラビアはイエメンへの侵略を継続すれば、イエメンは自ら侵略者に報復する権利があると考える」と表明しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント