9月 30, 2019 19:28 Asia/Tokyo
  • サルマン国王とアブドルアジズ・ファガム将軍
    サルマン国王とアブドルアジズ・ファガム将軍

モジタヘドを名乗るサウジアラビア人の著名な評論家が、「サルマン国王の個人的なボディガードの殺害は計画されたテロ行為だった。ムハンマド皇太子の指示により実行された」と指摘しました。

サウジアラビアの情報筋は29日日曜、サルマン国王の個人的なボディガードであるアブドルアジズ・ファガム将軍が銃で殺害されたことを報じました。

イルナー通信によりますと、"評論家モジタヘド”は29日日曜、ツイッターに、「政府系の正式情報筋の説明とは異なり、ファガム将軍は友人の自宅で殺害されたのではない。サウジ・ジッダの王宮でテロにより殺害された」と書き込みました。

また、「ムハンマド皇太子はファガム将軍の忠誠を信じられず、何度も彼を解任する意向を示していた」としました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント