2019年10月01日19時16分
  • カタールにあるアルウデイド空軍基地
    カタールにあるアルウデイド空軍基地

CENTCOMアメリカ中央軍指令本部が、カタールでの活動停止に関する複数の報道を否定し、地域でのアメリカ軍の強化の意向を明らかにしました。

トルコ・アナトリア通信によりますと、アメリカ中央軍指令本部が30日月曜に発表した声明では、「アメリカ軍は、カタールにあるアルウデイド空軍基地の使用を停止せず、地域における当軍司令部の作戦範囲をさらに拡大する意向だ」とされています。

これに先立ち、アメリカの新聞ワシントンポストは、「アメリカは、米軍基地への攻撃の危険を防ぐため、カタールのアル・ウデイド空軍基地の司令部を、米東部のカロライナ州に移転させると発表したと報じていました。

ワシントンポストの報道では、「過去数日間に、米軍の施設の一部ガアルウデイド空軍基地から撤去された」とされています。

現在、シリアやアフガニスタン、ペルシャ湾などの各地には、300機以上のアメリカ軍戦闘機が配備されています。

これらの地域ではこれまでに、アメリカ軍の空爆で数千人の民間人が死傷しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント