2019年10月06日17時05分
  • サウジアラビアの石油施設アラムコ社の状態
    サウジアラビアの石油施設アラムコ社の状態

サウジアラビアの石油施設アラムコ社が、同社へのイエメン軍の無人機攻撃の後、インドからの石油輸入を増やしています。

インドの英字新聞エコノミックタイムズが、情報筋の話として報道したところによりますと、アラムコ社はサウジアラビア国内の輸送・運輸網燃料不足対策を目的に、インドから3万トンのガソリンを購入している、ということです。

イエメン軍の無人機部隊は、同国に対するサウジアラビアの攻撃への報復として、今年9月14日にアラムコ社の2箇所の製油所を攻撃しました。

この攻撃を受け、サウジの石油輸出に一時的な混乱が生じ、世界市場での原油価格が高騰し、サウジの株式指数が2%以上下落しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント