2019年10月13日22時53分
  • アルバインの大行進 カルバラーへの道を進む人々
    アルバインの大行進 カルバラーへの道を進む人々

今回の特集では、アメリカ、オーストラリア、スペイン、トルコ、レバノン、コートジボワール、フランスなどの各国からの巡礼者らが、それぞれ自分を紹介し、シーア派3代目イマーム・ホサインの殉教40日忌・アルバインの大行進に関して、自らの思いを語ります。

 

「ファールス・ラジャブエフ」

「セイエド・アッダミール・サディグオフ」

「セイエド・シャフルザード・カーゼミー」

「アスラール・アブドルアミール・アルアジャミー」

 

「アルティーシュ・バーグリー」

「キャリームオフ・スーネ」

「アフマド・レザーイー」

「ウガーン・スレイマノフ」

「アリーエブラーヒーム・アルアジャミー」

「アリー・アッスィデリー」

「アサドアッバース・ラザヴィー」

「サーヤー・ユーナルディ」

「セイエド・モハンマド・ラザヴィー」

「アビール・サアド」

「セイエド・バトゥール」

 

「ジャードゥード・ホセイニー」

「アブドッラー・マレキー」

「ムーサー・ディヤーバーネ」

「セイエド・ファフルアッバース、セイエド・アリー、セイエド・アーセフ・ホセイン」

 

「私は、パキスタンから来ています」

「コートジボワール」

「レバノン」

「オーストラリア・メルボルン」

「アゼルバイジャン」

 

「オマーン」

「ドイツ」

「私はアゼルバイジャン人で、ロシア・モスクワに住んでいます」

「インド」

「ジョージア」

「スペイン・バルセロナ」

「クウェート」

「イラン」

「タイ」

「マダガスカル」

「インドネシア」

「サウジアラビア」

 

「私がここにやってきたのは、これで3回目です」

「4回目」

「アルバインの巡礼に来るのは、これが初めてです」

「徒歩で行くのはこれが初めてですが、アルバインの行事そのものへの参加は、6年連続です」

「イマーム・ホサインの巡礼に参加するのは、これで2回目です」

「私は、初めて来ました」

「アルバインの行事への参加は、これで3回目です」

「事実上、アルバインの行事に参加するのはこれがはじめてで、これは1つの特別な経験です。私は、今までここに来たことはありませんでした」

「アルバインのシーズンにここに来たのは初めてです」

「徒歩でアルバインの儀式に来たのは、これで3回目です」

「私たちがここに来たのは、これで2回目です」

「聖地への巡礼のため、これまで私は39回イラクに来たことがありますが、徒歩で来るのはこれで2回目です」

「イラクのナジャフからカルバラーまで行くのは、今回で5回目です」

「神が私にアラバインの儀式の最中カルバラに来る機会を与えてくださったのは、これで3回目です。これは神の預言者一門の恩恵により授かった成功です」

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント