2019年10月22日21時06分
  • シリアのアサド大統領
    シリアのアサド大統領

シリアのアサド大統領が、「シリアでの戦争や騒乱、テロを終結させるための最も主要な戦場はイドリブである」と語りました。

IRIB通信によりますと、アサド大統領は22日火曜、イドリブ州南部の前線の1つに立ち入り、トルコのエルドアン大統領を批判するとともに、シリア領への侵略を同国の国家主権の侵害だとして、「トルコは、これ以前にシリアの石油や工場、麦を略奪し、今ではシリアの領土を奪おうとしている」と述べています。

また、一部のシリア人がアメリカの空虚な支援を当てにしているとして批判し、「アメリカを頼ったことで、今やトルコ軍によりシリア北部の広範囲な地域が占領されている。これらの地域は、本来アメリカの陰謀計画により同国の管轄下に置かれることになっていた」としました。

さらに、シリアのクルド人に対する支持を改めて表明し、「国内で敵の侵略や窃盗行為に瀕している時期には、これまで以上に互いに寄り添い、団結する必要がある」と語っています。

イドリブ州は、シリアで唯一、トルコの支持を受けたテロ組織や武装集団に占領された区域です。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-61496028

タグ

コメント