2019年10月23日05時21分
  • レバノン人がパレスチナへの連帯を表明。星条旗に火をつけた
    レバノン人がパレスチナへの連帯を表明。星条旗に火をつけた

レバノン人抗議者らが、パレスチナ国旗を掲げてパレスチナ人との連帯を示すとともに、星条旗を燃やして米国の政策に抗議しました。

ファールス通信によりますと、レバノン・ベイルートで多数の人々が6日間連続で抗議行動を行い、中央銀行の建物の前に集結して、同国ハリリ首相の提案の可決に関係なく、抗議行動を続行する意向を表明しました。

抗議者たちはレバノンとパレスチナの国旗を掲げた

レバノン市民はこの集会において、金融情勢や一部の政府関係者の汚職、それら関係者の複数の辞任を求めるとともに、パレスチナ国民に友好のメッセージを寄せると同時に米首脳陣には抗議の声を上げました。

抗議者たちは21日月曜にも、シオニスト政権イスラエルの旗を焼き捨て、同政権の政策に強く抗議しました。

レバノンの政治団体や各政党は21日、同国の現在の危機打開と抗議行動の沈静化に向けた、ハリリ首相の提案への同意を表明しました。

ハリリ首相が提案する24か条の経済企画の一部は、同国の閣僚や議員の給与を50%削減するとされています。

レバノンでは今月19日以降、生活苦による困窮を訴える国民の抗議行動が行われています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント