2019年11月11日19時02分
  • イエメンのシーア派組織アンサーロッラーの政治局員
    イエメンのシーア派組織アンサーロッラーの政治局員

イエメンのシーア派組織アンサーロッラーの政治局員が、「シオニスト政権イスラエルがイエメンを攻撃すれば、イエメンの報復を受けるだろう」と警告しました。

イルナー通信によりますと、アル・バクティ政治局員は、「イエメンに対するサウジアラビアの攻撃はイスラエルと米国の利益のためにしかならない。サウジとアラブ首長国連邦には何の利益ももたらさない」と述べ、「イエメンはシオニストの攻撃に対応することができる」と強調しました。

また、「イエメンは、占領地イスラエルのあらゆる地点を標的にできる」としてイスラエルの攻撃をけん制しました。

イスラエルのネタニヤフ首相は最近の演説の中で、イスラエルにとって危険な国のリストに新たにイエメンを追加しています。

イエメンは過去5年間、アラブ首長国連邦、バーレーン、イスラエルの全面的な支援を受けたサウジの残忍な攻撃の標的となっています。一連の攻撃により、 多数の女性と子供を含む16,000人以上のイエメンの民間人が殺害され、数百万人が住む家を失い難民となっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント