2019年11月20日19時38分
  • イスラエル軍のシリア攻撃で負傷した民間人
    イスラエル軍のシリア攻撃で負傷した民間人

シオニスト政権イスラエル軍が20日水曜、シリアの首都ダマスカス近郊を攻撃し、民間人2名が死亡、ほか複数の負傷者が出ています。

シリア国営サナ通信は今回の攻撃の報道について、シリアの対空防衛部隊がイスラエルの空爆に対抗したとした上で、「イスラエルの攻撃で市民2名が死亡、複数名が負傷した」と伝えました。

シリアの軍事消息筋は、「イスラエル空軍は、占領下のゴラン高原とレバノンのMarjaayounの二方向から、ダマスカス近郊をミサイル攻撃した。シリアの対空防衛部隊は多くのミサイルを空中で爆発させた」と発表しました。

この報道によれば、今回占領地から発射された1発のミサイルの破片がダマスカス南西部にある家屋を直撃し、住宅が破壊され、2名が死亡、複数の負傷者が出ているということです。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント