12月 10, 2019 15:56 Asia/Tokyo
  • イスラエル人入植者がパレスチナ人の車を破壊
    イスラエル人入植者がパレスチナ人の車を破壊

入植地に居住するイスラエル人グループが、占領下の聖地ベイトルモガッダス・エルサレム北部でパレスチナ人の所有する車数十台を破壊しました。

IRIB通信の報道によりますと、9日月曜、シオニスト入植者のグループが聖地北部において地区内にある建物の壁に民族主義的スローガンを書き、さらにパレスチナ人の所有する車を破壊しました。

シオニスト入植者らは、パレスチナのヨルダン川西岸と聖地を占領しており、パレスチナ人を絶え間なく攻撃して彼らの家を破壊しています。

一方、数十人のシオニスト入植者たちが、シオニスト政権イスラエル軍の厳重な保安のもとに、アクサー・モスクの尊厳を冒涜しました。

シオニスト入植者らは、同モスクの境内に侵入して反イスラム・スローガンを連呼しました。

アルアクサー・モスクは、聖地のイスラムおよびパレスチナの象徴として、常にこの街を占領するシオニスト入植者たちの破壊行為の標的にされています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント