12月 14, 2019 19:05 Asia/Tokyo
  • アメリカの無人機
    アメリカの無人機

アメリカ海軍ニュースを伝える、USニュースのインターネットサイトが、ペルシャ湾に駐留する米海軍艦隊について、無人機が深刻なレベルで不足していることを報じました。

USニュースのサイトは、米海軍第5艦隊が13日金曜、声明の中で、同艦隊に所属する無人機1機が深刻な被害を受けたことに触れ、「第5艦隊は現在、わずか2機の無人機しか保有していない。無人機の数は深刻なほどに不足している」としました。

また、「RQ-4グロバールホーク無人機1機が先月26日に滑走路を離陸した際に大きく損傷し、海軍はその修理におよそ200万ドルを確保しなくてはならない」としました。

米海軍は、この種の無人機1機の購入に2300万ドルを支払ったとしていますが、USニュースのサイトによれば、1機あたり1億8000万ドルが支払われているということです。

今年6月20日、米軍の無人機グロバールホークはイラン南部ホルモズガーン州でイラン領海を侵犯し、この時イランイスラム革命防衛隊により撃墜されています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント