12月 15, 2019 17:50 Asia/Tokyo
  • トルコのチャブシオール外相
    トルコのチャブシオール外相

トルコ外相が、アメリカの対イラン制裁を非難しました。          

ファールス通信の報道によりますと、トルコのチャブシオール外相は14日土曜、カタールで開かれた第19回ドーハ・フォーラムにおいて、トルコはアメリカの対イラン制裁に反対するとして、「アメリカ政府の制裁は、イランの人々を標的にしたものだ」と述べました。

同外相はまた、「これらの制裁は何の成果ももたらしておらず、今後ももたらすことはないだろう」と続けました。

アメリカのトランプ大統領は昨年5月8日、一方的に核合意を破棄して離脱し、その後イランへの制裁を再開しました。

このアメリカの措置は、広く国内外から非難を浴びています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http:// https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント