1月 13, 2020 18:57 Asia/Tokyo
  • オーストラリアがペルシャ湾に艦艇を派遣
    オーストラリアがペルシャ湾に艦艇を派遣

オーストラリア国防省が、アメリカ主導有志連合として地域の海上任務にあたるため、艦艇1隻をペルシャ湾に派遣したことを明らかにしました。

ファールス通信によりますと、オーストラリア国防省は12日日曜夜、この艦艇が半年間ペルシャ湾で任務にあたることを発表しました。

同国のリンダ・レイノルズ国防相は声明を出し、「190人の船員を乗せた英連邦オーストラリア海軍所属の艦艇は、自由な船舶航行や海運をめざしオーストラリアの責務を行っていく予定だ」としました。

米政府は、2018年5月8日に違法な形でイラン核合意から離脱した後、イランへの全面的圧力政策をスタートさせました。

米国はこの数ヶ月、イランを激しい圧力の標的に定め、ペルシャ湾地域に展開する自国軍を増強し、同盟国とともに扇動的な措置に着手する考えです。

その一環として、結成を呼びかけたのがペルシャ湾海上有志連合です。

米国が連合への参加を広く各国に呼びかけたにもかかわらず、参加を表明したのはイギリス、バーレーン、サウジアラビア、オーストラリアの4カ国に留まっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント