2月 05, 2020 19:57 Asia/Tokyo
  • イスラエル軍の無人機によるガザへの空爆
    イスラエル軍の無人機によるガザへの空爆

シオニスト政権イスラエル軍の無人機が5日水曜未明、再びパレスチナ・ガザ地区を爆撃しました。

アルアーラム・チャンネルによりますと、パレスチナ情報筋は、シオニスト政権イスラエル軍がガザ地区南部ハーンユヌス西部を爆撃したことを伝えました。

今回の攻撃による被害状況はまだ明らかにされていません。

シオニスト政権軍は、「今回の攻撃はガザ地区から被占領地パレスチナに複数のロケット弾が打ち込まれたことへの報復として行われた」と主張しました。

イスラエルの無人機はまだガザ上空を飛行しているということです。

シオニスト政権イスラエルの戦闘機、軍用ヘリ、無人機、砲撃隊はこの数週間に何度も、ガザの各地を攻撃の標的にしています。

イスラエルは2017年12月から、ガザ空爆の新ラウンドを再開しました。一連の攻撃は、常に空虚な口実のもとに行われています。

ガザ地区に対するイスラエルの攻撃で、これまで数千人にのぼるパレスチナ人が殉教あるいは負傷しています。

ガザ地区は2006年から、シオニスト政権によって全面的に封鎖されており、住民は多くの問題に直面しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント