4月 13, 2016 20:31 Asia/Tokyo
  • アメリカがシリアのアルカイダに武器支援

カナダのインターネットサイト・グローバルリサーチが、アメリカがシリアのテロ組織アルカイダや同じ方向路線を歩む組織に、数千トンの武器と軍事物資を提供していることを暴露しました。

アメリカのインターネットサイト、フェデラル・ビジネス・オポチュニティーズが公開した文書では、東欧からヨルダンのアカバ港まで武器と重要物資を移送する運輸会社の設立が提案されています。

グローバルリサーチは、インターネットサイト、フェデラル・ビジネス・オポチュニティーズで公開された文書を根拠に、アメリカはCIA・中央情報局により、数千トンの武器と軍事物資をアルカイダやそのほかシリアのテロ組織に提供していると強調しました。

グローバルリサーチはまた、アメリカはある業者に爆発物などを載せたコンテナ81台をルーマニアからアカバ港まで移送するよう要請しているとする、ほかの文書に触れました。

フェデラル・ビジネス・オポチュニティーズはさらに、昨年12月と今年4月に、3000トンの武器の入った積荷2つがアカバ港に入港したとしました。

イギリスのコンサルタントグループは、フェデラル・ビジネス・オポチュニティーズのサイトの文書を発見し、アメリカ政府がシリアの反体制派として支援している人物が、これらの武器を停戦期間に受け取ることを確実視しています。

これらの組織は、ヨルダンやトルコを通じて受け取られている武器の半数を、シリアのアルカイダやヌスラ戦線などに引き渡しています。

タグ