6月 27, 2020 17:50 Asia/Tokyo
  • イエメンの医療機関の惨状 最大の被害者は幼い子どもたち
    イエメンの医療機関の惨状 最大の被害者は幼い子どもたち

イエメンのムタワキル保健相が、「サウジアラビア主導アラブ連合軍が、わが国の港湾へのタンカー入港を妨害し続けるのなら、イエメン国内の病院は入院患者の墓場と化すだろう」と強い口調で警告しました。

イルナー通信によりますと、ムタワキル大臣は26日金曜、「燃料不足による酸素生産工場3カ所の稼動停止は現状に警鐘を鳴らしている。この問題は特に病院のICUを初め、医療機関に入院中の患者を死の危機に陥れている」と述べました。

また、停電による緊急部門や特別看護部門、検査部門の業務停止に懸念を示し、「燃料不足により、検疫部門での新型コロナウイルス対策推進に向けた努力が水の泡となる」としました。

そして、「この犯罪の責任は、サウジ主導アラブ連合軍にある」とし、「イエメン封鎖は依然として続いている。アラブ連合軍はイエメン西部フダイダ港への燃料積載船の入港を阻止して、医療センターや病院を非常に深刻な状況に陥れている」と語りました。

そして、国際社会や国際機関へ支援を要請し、船舶の解放するようアラブ連合軍に圧力をかけ、国連がこれらの船を調査することで彼らに拿捕の口実を与えないよう訴えました。

イエメン国有石油会社は最近、アラブ連合軍により15隻の燃料積載船舶がサウジによって拿捕されている、と発表しました。

サウジアラビアは、米国やアラブ首長国連邦、その他複数国の支援を得て、2015年3月からイエメンを軍事攻撃し、この国を全面的に封鎖しています。

この戦争でこれまでに、イエメンでは1万6000人以上の民間人が死亡、数万人が負傷、ほか数百万人が住む家を失って難民となっています。

その一方でサウジとその同盟国は、イエメン国民の頑強な抵抗により、同国での傀儡政権を樹立させるという自らの目的を達成できていません。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント