7月 05, 2020 13:48 Asia/Tokyo
  • アッバース議長
    アッバース議長

パレスチナ自治政府大統領顧問が、「シオニスト政権イスラエルによるヨルダン川西岸地域占領計画が実施された場合、彼らは第3次インティファーダが起こることを覚悟しなくてはならない」と強調しました。

ファタハ・パレスチナ民族解放運動の指導者の一人でパレスチナ自治政府大統領であるアッバース議長の顧問も務めるNabil Shaath氏は、4日土曜、「全ての選択肢は計画済みで机上にある。パレスチナ国民は、ヨルダン川西岸地域の併合が実施された場合、人々が蜂起し抵抗することで意見が一致している」と語りました。

シオニスト政権は、米国の支持を背景に今月1日からヨルダン川西岸の約30%を占領地に併合すると表明していました。しかし、国際社会の強い反発と世論の圧力により、計画を延期せざるを得ない事態となっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント