2016年04月18日22時02分
  • シリア大統領顧問、「カタール、サウジ、トルコはテロ支援国」

シリア大統領の政治・メディア担当顧問が、「カタール、サウジアラビア、トルコは主なテロ支援国である」としました。

レバノンのニュースサイト、アルアヘドが18日月曜、報じたところによりますと、シャアバーン顧問は、アメリカのキリスト教徒の代表団との会談で、カタール、サウジアラビア、トルコ、そして一部の西側諸国がテロリストに対し、武器や資金面での支援を行っていることを指摘し、「テロに勝利する以外に方法はない」と語っています。

また、「西側諸国のメディアは自らを自由だと主張しているが、彼らはシリア危機の悪化に重要な役割を果たしている」と述べました。

さらに、「シリア国民は、イスラム教徒であれキリスト教徒であれ、これまでも平和的に共存してきた。我々は今後もこの平和共存を続けるつもりであり、われわれに戦争を仕掛ける者に、決してシリア分割という目的の達成を許さない」としています。

タグ

コメント