8月 09, 2020 20:06 Asia/Tokyo
  • マナール・アブドゥルサムド情報大臣
    マナール・アブドゥルサムド情報大臣

レバノン情報大臣が辞任しました。

レバノンのニュースサイト・エルナシュラによりますと、同国のマナール・アブドゥルサムド情報大臣は9日日曜、メディアに公表する前にディアブ・レバノン首相に対し辞意を申し入れたということです。

アブドゥルサムド情報大臣は、レバノンでの変革は実現できないものだとし、最近同国で発生したベイルート港湾での爆発事故後に辞任を決意した、と語りました。

なお、最近同国のヒッティ外相も辞任しています。

今月4日、レバノン・ベイルート市内港湾にあった発火物保管用倉庫の1つで大規模な火災が発生し、これが2700トンの硝酸アンモニウムの保管された近隣の倉庫に延焼して、大規模な爆発が発生しました。

レバノン公衆衛生省の発表によりますと、これまでにこの爆発事故で150人以上が死亡したほか、5000人以上が負傷したということです。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント