10月 24, 2020 22:04 Asia/Tokyo

バーレーンの人々が、再度、同国ハリーファ政権とシオニスト政権イスラエルとの関係正常化合意に抗議してデモを行いました。

ARABI21によりますと、バーレーンの人々は23日、正午の金曜集団礼拝が行われた後、「関係正常化は裏切り」と書かれたプラカードを掲げ、シオニスト政権との合意に反対するスローガンを唱えました。

バーレーンではこの1ヵ月、人々が繰り返しデモを開催しており、シオニスト政権との関係正常化合意への反対を訴え、合法性に欠けるハリーファ政権による合意は無効だと強調しています。

バーレーンUAEアラブ首長国連邦は今年9月15日、米ホワイトハウスにてトランプ米大統領の立会いのもと、イスラエルネタニヤフ首相と関係正常化合意に署名しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ