11月 23, 2020 16:13 Asia/Tokyo
  • シオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相
    シオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相

シオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相が、アメリカの次期大統領とされるバイデン氏に対し、核合意復帰を避けるようにと間接的な警告メッセージを発しました。

ニュースサイトArab48によりますと、ネタニヤフ首相は22日日曜、ある式典における演説でバイデン氏に向けて、核合意への復帰は禁じられていると述べました。

オバマ前政権時代の国務省国際エネルギー担当特使・調整官でありバイデン氏の元相談役であるエイモス・ハックスタイン氏(Amos Hochstein)は先日、バイデン氏は就任後すぐに核合意に復帰する意向であるものの、一部の条項に変更を加えようとしていると述べています。

アメリカは2018年、一方的に核合意から離脱しました。

トランプ米大統領は、核合意離脱といわゆる「最大限の圧力」政策によって、自身が主張するところの「より良い合意」のための協議の席にイランを着かせると約束していました。

しかし離脱から2年以上が経過しても、米政府はこの反イラン的目標を達成できずにいます。

 

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ