2016年04月25日22時11分
  • シリア・ダマスカスの爆発で数十人が死傷

シリアの首都ダマスカス郊外で起きた爆弾テロにより、数十名のシリア人が死傷しました。

シリアのサナ通信によりますと、タクフィール主義のテロリストは、ダマスカス近郊にあるシーア派イスラム教徒の重要な巡礼地近くで、爆弾を仕掛けた自動車を爆発させました。

当初の統計によれば、この爆弾テロにより、少なくとも15人が死亡、50人以上が負傷した他、自動車数台にも被害が出たということです。

テログループは、ここ数日、ダマスカスとその近郊、北部のアレッポを迫撃砲で攻撃しています。

これらの攻撃により、民間人11人が死亡、59人が負傷した他、住宅や学校、医療施設やインフラ施設が破壊されました。

なお、負傷者の多くは、女性や子どもだということです。

タグ

コメント